【日常】休みの日の子どもとおでかけ

つぶやき

UUSALONの大石有姫です。
とても暖かい日曜日の東京でした。

今日は、息子と所沢市の航空公園に行ってきました。
実は私、小学校低学年まで所沢市に住んでいたのです。
航空公園にあるミューズは、私の初舞台になった思い出深いところです。
10歳くらいを最後に行っていなかったので、今日はとっても久しぶりに航空公園の地に降りたのです。
子どもに親のルーツを教えること、大事だなと思うのです。

広い公園では、たくさんの親子連れが遊んでいました。
たこあげをしても引っかかる木がない広場もあり、都会っ子の子どもには羨ましい環境に見えたのではないかな、と。

目的は、所沢航空発祥記念館に行くこと。
一番楽しかったのは、宇宙の星による重力体験ができたこと。身長125cm以上体重90kg以内であれば体験可能。地球の重力から火星、土星、木星の重力などを体験してきました。


久しぶりの長い電車の中で気づいたことがありました。
みなさん、電車の中では足を組んでいますか?
足を放り投げていますか?足パカーンとあいていますか?

私は、幼い頃から母に電車の中での足の所作について厳しく教えられていたのでいまだに
電車の中では足を組んだことがありません。(自分で覚えている限り)

インスタグラムでも述べたことがあるのですが、
”足裏ペタ”大事です。足裏をしっかり床につけることができると、
自然と力が入り筆圧もしっかりしてきます。

電車の中や日頃からできているかチェックしてみてくださいね。
電車の中での足パッカーンは、女の子の場合気をつけたいです。

コメント