工作ワークショップ開催報告

イベント

8/24(火)工作ワークショップを開催しました!

コラージュ制作という工作ワークショップを開きました!
初の個人開催のワークショップ、なんと定員5名のところ、5名(年中4名、年少1名)のお子様に参加していただけて大変嬉しいワークショップとなりました。

ワークショップの流れ

9:50-
受付開始
10:00-10:10
お名前を呼んでお返事、そしてコラージュ制作の説明、基本的な道具(ハサミとのり)の使い方の説明
10:10-10:45
コラージュ制作を各自で楽しみました
10:45-11:05
画用紙に二箇所穴を開けて、リボン結び(かた結び)の練習
11:05-11:20
前にでてきてもらい1人ずつ発表をしました。
お名前、どんな作品にしたのか、お気に入りのポイントはどこかを発表してもらいました。
11:20-
お話し会(自由に)

ワークショップを終えて

参加してくださったお子様たち一人一人個性豊かな作品ができました。
とっても素敵な作品ばかり。今回はコラージュということで、正解はないです。
自分の思ったように作品を作ってねと説明しました。
いくつは見本を前に展示しましたが、誰1人見本と同じものを作る子はいなく、
みな、思い思いの作品を作ってくれたのはとても嬉しく素敵だなと感じました。

発表では、それぞれの作品を説明するいい機会になったかなと思います。
普段の声がでなく、もじもじしてしまったり、声が小さくなってしまったとしても大丈夫!
スモールステップです。今日できたことを認めて次の発表の機会があったらどこを頑張りたいか頑張ってみたいかをお子様と一緒に考えてみてください。

私は絵が苦手ですが、苦手と感じてしまったのは、幼少期に「もっとこう描いた方がほうがいいんじゃない?」と親はよかれと思って声をかけてくれたのかもしれませんが、その言葉かけで私は下手だから言われるんだなと感じ苦手意識が芽生えたのです。声かけってとても大事!
だから、私はママの非認知能力を高めることも大切ですよ〜と日頃から言っているのです。

頑張ってしあげた作品にまず「何を描いたの?」「どんな作品にしたの?」と聞きました。
おうちでも、何か作品を子どもが作ったら、まず何を描いたの?と聞いてみてくださいね。もしそればゾウに見えなくても子どもが「ゾウを描いたの!」と言ったらそれはゾウなんです♪

参加者様からの声

ワークショップ終了後、メッセージをいただきました。
受講後アンケートでは、満足度100%でした!嬉しいです。ありがとうございました。
以下、参加者からの声を抜粋してご紹介します。

女の子ママ
女の子ママ

家に帰ってきてから、主人や兄に自慢しています。
どんな時も明るく笑顔で子どもと向き合ってくださり、とても自信がついたようです!
またワークショップ参加したいです。

女の子ママ
女の子ママ

これから教えていただいたリボン結びの練習に励みたいです!

男の子ママ
男の子ママ

先生のことが大好きなようで、「また行きたい」と言っています。

男の子ママ
男の子ママ

楽しいワークショップをありがとうございました。子どももとても楽しかったようでまた行きたい!と言っていました。また機会があれば是非参加させてください!

次回のワークショップ(予定)

2ヶ月に1回対面ワークショップができたらと思っています。次回は10月開催ができるよう準備します。
その他、オンラインでのワークショップ(学習サポート)を9月に考えています。9/12(日)もしくは9/26(日)のどちらかを予定しています。

対面は対面でしかできないこと、オンラインではオンラインならではのワークショップ(学習サポート)をしていきたいなと思っています。
また決まり次第、アナウンスさせていただきます。

アナウンスは、公式LINEに登録くださっている方を先行案内させていただきます。
まだ公式LINEにご登録いただいていない方がいらっしゃいましたらこの機会に登録ください♪

UUSALON公式LINEはこちらから
公式LINEでは、毎週木曜日9時〜開催しているインスタライブのアーカイブ配信をしています。

コメント